きゃべつ畑で恋をして

アクセスカウンタ

zoom RSS クスリの話

<<   作成日時 : 2009/08/26 09:07   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ここんとこ、クスリの話題が多いと思う。
マイケルの死もそうだし、芸能人の麻薬もそう。

私は、あまりクスリは飲まない。
いや、飲みたくない、が正しいか・・・。
数年前から女性特有の病気で痛み止めが離せなくなったのだが
それ以外は、調子が悪くなる感があり、
どうしてもというとき以外は極力使わないようにしている。
麻薬じゃなくても、依存してやめられなくなることもあるような気がする。
気分的な問題だけじゃなくて。
当然、私の単なる感覚によるものだけど、ね。
だから用心してる。

痛み止め ロキソニン 多分よくできた薬なんだと思う。
歯痛にもよく使われるようだ。
私は少し多く使いすぎたようで、昨年 腸の調子が悪くなった。
お腹が痛く、お酒を飲んだりすると下痢をした。 
最初は食べたものが合わなかったとか自分で勝手に考えていたが
結局、胃腸科で検査してそういうのとはちがうことが分かった。
思い当たったのは、ロキソニン だ。
実は、その検査の時に、私がとても痛がったために
医師が出血しているかもと心配をして、止血剤を点滴したら
2本めで、そのまま止血剤を吐いた。
・・・なんで、止血剤と分かったかって・・・
体がだんだん(あるいは急に)変化の兆候って、自分では案外分かるものだ。
あれ、これおかしい・・・なんだか頭が重く気分悪い・・・
と、思った次の瞬間、吐きそうになってトイレに!
   黄色い・・・まさに止血剤。

思えば、体ってよくできてるよなあ!
血管に入れてるはずなのに、止血剤だけより分けて、
しかも口から出るって・・・どういう仕組みになってるんだろう なんて
気持ち悪くなった頭で考えてた。

当然、病室から看護婦さんに連絡をし、点滴は止めてもらった。

ほんでもって、先日も病院でちょっと危ない思いをした。

上でも書いた持病の治療でクスリを長期に使用し、
その副作用だろうことは予測できていたのだが
腕や手指が痛く動かしづらくなっていた。
多分にメールのしすぎもあったかも知れないけど(笑)
整形外科で一応診てもらいにいったのだ。

そこで、”腱鞘炎”でしょうと言われ、しびれをとるため注射を打ってもらった。

   ・・・そして、5分後 待合で座っている間に頭がくら〜。
   あ、まただ・・・。 注射の影響ということは体で分かった。
多分顔は青くなっていたのでは。
「注射して気分悪くなったんですけど・・・」と看護婦さんに言うと血圧を測ってくれた。
上が100 下が60。   
近頃測っていないけど昨年のドックでは上が110か120 下が70とかだったと思う。
低血圧なんてなったことはない。ひえ〜。

結局、病院と自宅で2時間半くらい休んで、復活した。
病院で注射した薬の名前を聞いて帰ったのでインターネットで副作用について調べてみた。

使用したのは、”ノイロトロピン”
副作用に、多い例ではないだろうが、低血圧もあった。
こんなことなら、腕の少々の痛みは、我慢してたらよかった。
大多数の人には大丈夫でも、自分が大丈夫って保障はないんだよな・・・。
どうしても使用しないと大変! ってとき以外には、かえってしんどい思いするから。

・・・もちろん、安易にクスリを使用しないような病院も選べるなら選んだほうがいいのかも!
・・・専門的なことは分からないので、お医者さんに任せるしかないんだけどね。。

とりあえず、自分に合わないクスリは自分で控えておくべきだなあ!
別の病院で使わないように・・・。   




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クスリの話 きゃべつ畑で恋をして/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる